お知らせ

2021/11/30府中ちはやふる検定が11月30日から始まります。

2020/12/09「ちはやふるのマンホールカードを配布(12/17から)」情報を公開しました。

2020/03/19「デザインマンホール in 府中」のダウンロードリンクを掲載しました。

2020/03/09『ちはやふる』等のデザインマンホールを府中市内に設置」の情報を掲載しました。

イベント情報

府中ちはやふる検定

府中ちはやふる検定(参加無料)

2021.11.30(火)~2022.3.31(木)  ※認定証の申し込みは2月28日(月)まで
主人公の「綾瀬千早」が生まれ育った町で、作品の聖地のひとつである東京・府中市の問題に、 あなたは何問正解できるかな? 全問正解された方には、抽選で100人にあなたのお名前が書かれたオリジナル認定証をプレゼント!
ぜひ挑戦してみてください!

検定はこちらからチャレンジ
http://www.chihaya-fuchu.com/kentei/

当サイトをご覧いただくため、以下の環境を推奨しております。
【パソコン】
OS ・Windows10 ・Mac OS 10.15 Catalina 対応:10.13 以降 ・Chrome OS
推奨ブラウザ(Windows) ・Chrome 最新版 ・Microsoft Edge 最新版 ・FireFox 最新版
推奨ブラウザ(Mac OS) ・Chrome 最新版 ・Safari 最新版 ・FireFox 最新版
推奨ブラウザ(Mac OS) ・Chrome 最新版
【スマートフォン・タブレット】
推奨OS ・Android 8.0~ 対応OS :Android 5.0~ ・iOS 13~ 対応OS :iOS 10~ ブラウザ(Android) ・ Chrome 最新版 ブラウザ(iOS) ・Safari 最新版
※推奨環境下のご利用でも、OSとブラウザの組み合わせ、ブラウザの設定状況によって は表示に不具合が起こる可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い いたします。


ちはやふる等のマンホールカードを配布

マンホールカードとは

マンホールカードは、その土地に縁のある各所、名物品、スポーツ、キャラクター等が描かれたマンホール蓋をカードにしたもので、下水道の役割を知っていただくとともに、各地に足を運んでもらうことで観光振興につなげることを目的とした、マンホール蓋のコレクションアイテムです。

 

「ちはやふる」のマンホールカードを配布

末次由紀先生・作「ちはやふる」は、競技かるたを題材にした人気少女漫画で、主人公の綾瀬千早と幼馴染の真島太一がともに青春を過ごす舞台は、府中市がモデルとなっています。
2020年12月17日(木)から、綾瀬千早、真島太一、綿谷新の小学生時代が描かれたマンホールカードの配布を開始しました。

配布場所

府中市観光情報センター

注意

  • 開館時間・休館日をご確認のうえ、お越しください。
  • 配布は1人1枚までで、カードがなくなり次第終了します。
  • カードの在庫状況は府中市のホームページでご確認ください。
  • 事前の予約や郵送での取り扱いは行っておりません。

ちはやふる等のデザインマンホールを府中市内に設置
ちはやふる デザインマンホールイメージ
 
ちはやふる等のデザインマンホールを府中市内に設置
ちはやふる デザインマンホールイメージ
 
  • ちはやふる デザインマンホールイメージ2
  • ふちゅこま デザインマンホールイメージ
  • 古都見ちゃん デザインマンホールイメージ

府中にゆかりのある漫画などのキャラクターを活用したマンホールを設置することで、市内への誘客及び周遊を促し観光振興を図るため、漫画「ちはやふる」のキャラクターをはじめ、府中市のマスコットキャラクター「ふちゅこま」や、 府中観光協会イメージキャラクター「古都見ちゃん」のマンホールを製作し、それぞれゆかりのある場所へ設置しました。
これに合わせ、マンホールの設置場所やデザインを掲載したマップ「デザインマンホール in 府中」を作成し、複製原画展の会場や観光情報センターで配布します。

マップ配布時期

令和2年3月20日(金・祝)〜 (なくなり次第終了)

マップ配布場所

府中市観光情報センター ほか

千早と太一が住むまち【府中】

末次由紀先生・作「ちはやふる」は、競技かるたを題材にした人気少女漫画で、2008年に「BE・LOVE」(講談社)で連載が始まりました。アニメ化や実写映画化もされ、幅広い年代の多くのファンに愛されている作品です。
主人公・綾瀬千早とその幼馴染・真島太一は、府中市に住んでいる設定であることから、作中にはたびたび府中の風景が登場します。

特に片町文化センターは、千早たちがかるたと出会う、原点ともいえる場所です。
千早と太一が所属し、原田先生が会長を務める「府中白波会」。このモデルになったのが、実際に片町文化センターで競技かるたの練習をしている「府中白妙会」です。前会長の前田秀彦八段(史上最年長準名人)が千早たちの師匠・原田秀雄先生のモデルとされています。


片町文化センター

また、片町文化センターの他にも、分倍河原駅や、駅前商店街、下河原緑道や、京王線の線路わきの道など、片町文化センター周辺の景色が作品の中でたびたび登場します。滋賀県の大津市や福井県あわら市とともに、府中市は「ちはやふるの聖地」として、本作品を応援しています。

オリジナルグッズ

商品

デザインマンホールキーホルダー イメージ デザインマンホールキーホルダー
500円(税込)

デザインマンホールキーホルダー イメージ

デザインマンホールキーホルダー
500 円(税込)

【 販売場所 】
府中市観光情報センター
府中市郷土の森観光物産館


ちはやふるin府中 クリアファイル
350円(税込)

ちはやふるin府中 クリアファイル
350円(税込)

【 販売場所 】
府中市観光情報センター
府中市郷土の森観光物産館


オリジナルポーチ
素材:ポリエステル
1,200円(税込)

オリジナルポーチ
素材:ポリエステル
1,200円(税込)

【 販売場所 】
府中市観光情報センター
府中市郷土の森観光物産館


ちはやふるin府中 応援商品

カレーショップC&Cによる
「ちはやふるカレー」
ビーフ
480円(税込)

カレーショップC&Cによる
「ちはやふるカレー」
ビーフ
480円(税込)

【 販売場所 】
・カレーショップC&C 府中ぷらりと店 他
(一部、取扱いのない店舗もございます)
府中市郷土の森観光物産館

 

アクセス

オリジナルグッズは、以下よりお求め頂けます。

府中市観光情報センター

府中市観光情報センター外観
〒183-0023 東京都府中市宮町3-1
TEL.042-302-2000
休館日    年末年始及び毎月最終火曜日
開館時間  9:00~17:00

【 交通アクセス 】
●徒歩:
京王線「府中駅」下車徒歩約5分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」下車徒歩約7分


徒歩 京王線「府中駅」下車徒歩約5分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」下車徒歩約7分

府中市郷土の森観光物産館


〒183-0014 東京都府中市是政6-32-10
TEL.042-302-4000
休館日    月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始・臨時休館日
開館時間  10:00~18:00
入場料     無料

【 交通アクセス 】
●路線バス:
京王線・JR南武線「分倍河原駅」南側駅前ロータリーから「郷土の森総合体育館」行きバス約6分「郷土の森正門前」下車すぐ
●府中コミュニティバス(ちゅうバス):
・京王線・JR南武線「分倍河原駅」または京王線「府中駅」から南町・四谷循環バス「南町二丁目」下車徒歩約6分・京王線「中河原駅」から南町・四谷循環バス「府中駅」行き「芝間稲荷神社」下車徒歩約6分
●徒歩:
京王線・JR南武線「分倍河原駅」、JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」、西武多摩川線「是政駅」より約20分


路線バス 京王線・JR南武線「分倍河原駅」南側駅前ロータリーから
「郷土の森総合体育館」行きバス約6分「郷土の森正門前」下車すぐ
府中コミュニティバス
(ちゅうバス)
・京王線・JR南武線「分倍河原駅」または京王線「府中駅」から南町・四谷循環バス
「南町二丁目」下車徒歩約6分
・京王線「中河原駅」から南町・四谷循環バス「府中駅」行き「芝間稲荷神社」下車
徒歩約6分
徒歩 京王線・JR南武線「分倍河原駅」、JR武蔵野線・南武線「府中本町駅」、西武多摩川線「是政駅」より約20分

片町文化センター

※こちらではオリジナルグッズをご用意しておりませんので、ご了承ください。


〒183-0021 府中市片町2丁目17番地
TEL.042-368-7001
休館日   祝日・年末年始・臨時休館日
開館時間  祝日・休館日を除く午前8時30分~午後9時
入館料   無料

【 交通アクセス 】
●府中コミュニティバス(ちゅうバス):
京王線「府中駅」より、ちゅうバス「北山町循環」乗車、「片町文化センター」下車
●徒歩:
京王線、又はJR南武線「分倍河原駅」より徒歩3分

府中コミュニティバス
(ちゅうバス)
京王線「府中駅」より、ちゅうバス「北山町循環」乗車、「片町文化センター」下車
徒歩 京王線、又はJR南武線「分倍河原駅」より徒歩3分
BE・LOVE講談社 府中観光協会 びわ湖大津観光協会 あわら市観光協会 ちはやふるweek in あわら チームちはやふる

©末次由紀/講談社